スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『10年後の紅い雪』(けいおんSS)

けいおんのSSを公開します。

『10年後の紅い雪』というお題です。
視点でな内容です。
ほんの1kB、100行に満たない超短編なので、すぐに読めると思います。

今日はSS公開無理だなーと思ってたのですが、
とあるサイトの劇甘SSを読んでやる気MAXだばだば状態になりましたー。
ありがたやありがたやw

それでは、お楽しみくださいませっ!
『そして16歳になった君へ』から)



  『10年後の紅い雪』



 紅い雪が降る。一瞬そんなフレーズが思い浮かんだ。いや、それはさすがに大げさか。

 もっとも先輩に誘われて寄り道した公園は、それほどまでに幻想的だった。とても数え切れないほどの紅葉が、折からの強い風ではらはらと舞い散らされてる。まるでそれが紅い雪のように私の目には映ったのだ。

「小さい頃、ここでよく遊んだんだ」

 さきほどショッピングモールでしこたま買い込んだ紙袋を抱え込みながら、先輩は公園の真ん中あたりを目指してずんずんと進んでいく。

「律先輩と……ですか」
「そうだな」

 私の問いかけに、先輩は小さくうなずく。

「ここら辺でいいか」

 そう言うと先輩は足を止め、すうっと目を閉じた。

 あたり一面が茜色に輝いてる、まばゆいばかりの光景の真ん中で一人たたずむその姿は、あたかも古代ローマの女神像か何かのようだった。いったい何をしているんですか。そう聞くことさえ、とても許されないような気がする。

「今日の木々のざわめきって、なんとなく硬く感じないか」

 しばらく見とれていたら、不意に先輩が口を開いた。目はそのままで。

「そう……ですか、ね」

 私も先輩にならって耳を傾ける。だが残念ながらいつもの音とどう違うのか、よくわからなかった。音楽に関してなら、かなり聞き分ける自信がある。けど風の音の微妙な違いまで聞き取れるほどには、残念ながら出来がいいわけではないらしい。

「葉っぱが枯れたり落ちたりしてるから、かなあ」

 首をひねりながらつぶやく先輩の姿に、ふと小学生くらいの長い黒髪の少女が二重写しになった。

 小学校の頃の先輩は、ひどく引っ込み思案だったと聞いたことがある。本を読むことが好きで、おとなしい子どもだったとか。

 努力を重ねて。
 たくさんの手に支えられて。
 美しく成長した先輩が、こうして私の目の前にいる。

 どうやってこんなに変わったんだろう。
 そしてこれからさらに、どう変わっていくんだろう。

 知りたい。
 見ていたい。
 これからもずっと。

 来年。5年後。10年後。さらにもっと先、はるか彼方の未来。

 その時はたして私は、どうしているだろう。

 そばにいられるだろうか。
 そばにいることを許されているだろうか。
 そばにいることがふさわしいと思われてるだろうか。

 自分も頑張らなきゃ。
 そばにいられるように、頑張らなきゃ。

 認められるために。
 許されるために。

「大丈夫か、

 ふと気づくと、いつの間にか目の前に先輩の顔があった。

「心配したぞ。声をかけても返事しないから」
「すいません、なんか、その、ぼんやりしてました」

 恥ずかしさが込み上げてきて、あわてて目をそらす。

 言えない。
 先輩の姿に見とれてたなんて。
 自分たちの未来に想いをはせてたなんて。

「今のの顔色は、この紅葉みたいだぞ」
「それは、きっと夕日のせいです」
「そうだな。きっとそうだ」

 あらためて先輩の顔を見つめ直す。そこには私のすべてを包み込んでしまうかのような、とても柔らかな微笑みが広がっていた。

 よし、できる。

 この笑顔のためなら、私はなんだってできる。
 そして必ず10年後の紅い雪も見るんだ。ふたりで。

『たそがれ時のゲームプレイヤーたちに』へつづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(二次創作)
ジャンル : 小説・文学

現在の位置
百合みっくす
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
百合みっくす
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年12月 05日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 澪梓SS
  └ 『10年後の紅い雪』(けいおんSS)
by AlphaWolfy
新公式twitter
カテゴリ
タグcloud
プロフィール

あっとあとみっく

Author:あっとあとみっく
おもに百合(GL・ガールズラブ)な小説と周辺情報を公開しています。最近はコミPo!でオリジナル百合4コマも。現在は「けいおん!」、「魔法少女まどか☆マギカ」とオリジナル。カプ傾向は澪梓、憂梓、恵和あたり。あと、ほむほむは百合。
このブログはリンクフリーですが、相互リンクはお受けしておりません。ご了承くださいませ。
注:管理人の名称は「あっとあとみっく」が正式ですが、ごくまれに「藍」と名乗ることもあります。

最新記事
月別アーカイブ
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

リンク
バナー
百合みっくす 明日は明日の風が吹く! ものとーんわーるど TRAFFIC JAM Girls Love Search 駄文同盟.com にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。