スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『True End』(和恵編)

当サイトの「けいおんSS」の結末のひとつです。



 『True End(トゥルーエンド)』~和恵編~



 神仏は敬うべし、頼るべからず。

    ◇  ◆  ◇

 ついに迎えた、高校の卒業式の日。

 全てのプログラムを消化し終わってから唯と別れ、私はひとり生徒会室へと向かっていた。もちろん去年のバレンタインデーに交わした曽我部先輩との約束を果たすためだ。

 国立大学の法学部へ合格したことを、周りの誰もが奇蹟と呼び称賛してくれる。それ自体はありがたいことだが、同時にやるべきことをやった結果なのに、というどこか醒めた気分があるのも事実だった。まるで実力もないのに神さまにひいきしてもらったと言われてるみたいで、どこか落ち着かない。

 人によっては傲慢と言われそうだが、去年の夏の段階ですでにB判定だったし、センターでも二次試験でも取り立てて大きなミスをした覚えはない。すなおに実力をそのまま発揮した結果だ。その程度で奇蹟呼ばわりなど、むしろ神さまに失礼だろう。

 もっとも来年度以降の桜高の行く末、たとえば軽音部の今後については一抹の不安を感じないわけではないが、それはもう後輩たちに任せるしかない。去年の曽我部先輩がそうだったように。

 最大の懸案事項だった澪、梓そして憂。どうやらこの三人も、最近はそれなりに折り合いをつけたらしい。詳しく話を聞いたわけではないけど、彼女たちの様子を見ていればなんとなくわかる。特に澪は器用にウソをつけるようなタイプじゃないしね。

 それに今は自分自身の面倒をみるだけで精いっぱいだ。何せ法学部合格は最終的な目標の通過点のひとつにすぎない。大学の授業だけではとても足りないから、どこか法律の予備校を探して、何年かかけて司法試験に合格し、弁護士になって実績を積み、さらに折を見て政界に打って出る。勉強と人脈作りに精を出しながら、いずれは同性パートナーシップの権利を認める法律制定と関係各法の改正を目指し、そして……。

 これら全てを実現するには、どう少なく見積もっても数十年単位の時間が必要だ。まさに一生モノの遠大な計画。もちろん私一人では到底不可能だ。多くの協力者が必要になるだろう。逆に無数の抵抗勢力が立ちはだかることも容易に予測できるが、いちいち考えていてはきりがない。

 とにかく、長い長い戦いになるということだけはわかっていた。だが別に後悔はしていない。この学校で学び、出会い、考えさせられたことで、私の人生の目標と道筋は確定的に定まった。むしろそれを示してくれた、学校の先生や先輩・後輩・友だちたちに対しては、心の底から感謝したいくらいだ。

 そんなことを考えてながら歩いていたら、いつの間にか生徒会室の前に立っていた。だがドアを開けようとして、ようやく自分の失態に気づく。

「あ、鍵」

 しかたがない。忘れ物をしたとでも言い訳して、職員室に鍵を借りに顔を出そうか。いやその前にとりあえず、開いてるかどうかだけでも。おそるおそるドアノブに手をかけ、そっと回す。

 かちゃ。

 もちろん開くはずもない。しっかりと鍵がかけられていた。わずかに落胆を覚えながら、鍵を借りに行こうと振り返ろうとした時のことだった。

「お疲れさま、真鍋さん」

 背後から懐かしい涼やかな声が、私に向かって投げかけられた。

 胸の高鳴りを抑えながらゆっくりと振り返る。だが残念なことに、久しぶりの先輩の顔をじっくりと鑑賞することはできなかった。なぜなら、あとからあとから流れ落ちる自分の涙で、すっかり視界が曇らされてしまっていたから。

「ごめんなさいね、ずっと待たせてしまって」
「いえ、いいえ、来てくれただけで十分です。ありがとうございます、先輩っ」

 声の方向へ脱兎のごとく駆け寄り、おそらく純白のワンピースらしい服を優雅に着こなした曽我部先輩の胸にすがりつき、恥も外聞もなく大泣きしながらも、心の隅で私はこんなことを考えていた。

 ついに迎えた高校の卒業式の日、この桜高生徒会室の前で起きたみたいなことこそ、小さな奇蹟と呼ぶにふさわしいのではないか、と。

(完)
関連記事
スポンサーサイト
現在の位置
百合みっくす
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
百合みっくす
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2001年02月 01日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 雑記
  └ 『True End』(和恵編)
by AlphaWolfy
新公式twitter
カテゴリ
タグcloud
プロフィール

あっとあとみっく

Author:あっとあとみっく
おもに百合(GL・ガールズラブ)な小説と周辺情報を公開しています。最近はコミPo!でオリジナル百合4コマも。現在は「けいおん!」、「魔法少女まどか☆マギカ」とオリジナル。カプ傾向は澪梓、憂梓、恵和あたり。あと、ほむほむは百合。
このブログはリンクフリーですが、相互リンクはお受けしておりません。ご了承くださいませ。
注:管理人の名称は「あっとあとみっく」が正式ですが、ごくまれに「藍」と名乗ることもあります。

最新記事
月別アーカイブ
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

リンク
バナー
百合みっくす 明日は明日の風が吹く! ものとーんわーるど TRAFFIC JAM Girls Love Search 駄文同盟.com にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。