スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『澪先輩と私のパフューム』(けいおん百合妄想SS)

目が覚めたらこんなのが浮かんだよ。
なんかもう会社よりも、先に病院行った方がいいんじゃないかなw

あ、です。
ただの朝のひと時ですけどw

追記:2ちゃんのスレにも投下しました。




先輩と私のパフューム』



「おはよう、

眩しいくらいの陽射しと、先輩の声と、コーヒーの香り。
それに加えてわずかに知らない匂い。いや、昨日までは知らなった匂い。
ええと、なんだっけ、この匂いは。

「……おはようございます、先輩」

寝ぼけまなこをこすりながら挨拶を返す。あれ、どこだっけ、ここ。

は意外にお寝坊さんなんだな。ひょっとして低血圧?」
「……それは……昨日、あんな夜遅くまで付き合わされたからじゃないですか」

しれっと笑顔で話しかけてくる先輩に、思わず口答えしてしまった。
少し遅れて、昨夜のいろんな記憶がよみがえってくる。

先輩の柔らかな感触とか。先輩の大きさとか。先輩の汗とか。先輩の……声とか。

それと……昨日初めて知った、匂い。

「コーヒーは飲める? やっぱミルクと砂糖は入れた方がいいかな」
「……それじゃ、ミルクだけ」
「かしこまりました、お嬢さま」
「もうっ、からかわないで下さいよっ」

くすくすと先輩が笑うので、つい私の顔も緩んでしまう。

重い身体を懸命に動かしながらベッドから抜け出す。
でも二、三歩ほどでよろけてしまう。
とっさに差し出された先輩の救いの手に救われる。

そして、そのまま手が私の背中に回され、ぎゅうっと抱きしめられてしまう。
再びあの匂いが漂ってくる。さっきよりも強く。

「大好き、
「大好きです、先輩」

先輩と迎えた朝は、いつもと少しだけ違っていて。
とっくに秋風の香る季節のはずなのに、とってもポカポカしてて、とっても暖かかった。



ああ、ようやくわかった。正体が。

初めて知った匂い。

それはきっと、幸せという名のパフュームだ。

(おしまい)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!!
ジャンル : アニメ・コミック

現在の位置
百合みっくす
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
百合みっくす
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年10月 06日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 澪梓妄想SS
  └ 『澪先輩と私のパフューム』(けいおん百合妄想SS)
by AlphaWolfy
新公式twitter
カテゴリ
タグcloud
プロフィール

あっとあとみっく

Author:あっとあとみっく
おもに百合(GL・ガールズラブ)な小説と周辺情報を公開しています。最近はコミPo!でオリジナル百合4コマも。現在は「けいおん!」、「魔法少女まどか☆マギカ」とオリジナル。カプ傾向は澪梓、憂梓、恵和あたり。あと、ほむほむは百合。
このブログはリンクフリーですが、相互リンクはお受けしておりません。ご了承くださいませ。
注:管理人の名称は「あっとあとみっく」が正式ですが、ごくまれに「藍」と名乗ることもあります。

最新記事
月別アーカイブ
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

リンク
バナー
百合みっくす 明日は明日の風が吹く! ものとーんわーるど TRAFFIC JAM Girls Love Search 駄文同盟.com にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。