スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手コメ返信

久しぶりの拍手コメ返信です。

> ブッキーさん
『春雨と黒猫に幸いあれ』
おそらく、ほむらはまどかのことしか見えてないと思うんです。最初に出会ったまどかの明るさ、優しさ、暖かさ。なんとかしてそれを守りたい。たとえ何度失敗しても。作品中でも何度もそう繰り返してましたが、何度も何度もやり直してるうちに、ますますその思いは強く、大きく育っていったのでしょう。今回のお話はそんなループの中でも、こんなささやかな触れ合いがあって欲しい。そのくらい許されたっていいじゃないかと。そんな願いを込めてみました。
それにしてもこれを書き上げてから、我ながらほむほむのことどんだけ好きなんだ!って自分に突っ込みたくなりましたねーw
それではお忙しいところ、いつもコメントありがとうございました。

> 目黒賛間さん
『嫁は本能寺にあり』
目黒さんはご存知の通りですが、このお話はもともと前半だけさらっと書いてあったものに、ちょっと物足りないよなーと後半のとくにゃんxヒデヨシを追加して公開しました。ところがその途中で、もし戦国乙女の世界で日本が統一されたら次は世界編かなーなどと妄想の翼を広げたら、いつの間にかあんなお話に…。アニメの結末次第では、さらなる妄想を萌えキャラ化フェリペ二世率いるテルシオVS日本の戦国乙女たちで書いてみたいかも。もちろん背後で暗躍するのはエリザベス一世とキャプテン・ドレイク。そして舞台はレイテ決戦か、インドのゴアあたりで…(いい加減にしろっ。それとノブナガとアケリンはとくにゃんの推測通り、きっとどこかの秘湯でよろしくやってるに違いないです。アケリンへたれ攻めで(断言w
ご指摘の二点ですが、「ともにゃん」については私の単純ミスです。すぐに修正しました。ただ「親方」/「御館」の表記については、ヒデヨシが歴史の素養があまりないため「オヤカタ」と耳で聞いたのを「親方」と誤認したという解釈で押し通すことにしました。確かにキャラソンではヒデヨシも「御館」と呼んでるのですが、私としてはそこは「親方」と呼んでくれたほうがいかにも彼女らしい気がするんですよねー。
というわけで、コメントおよびご指摘ありがとうございましたー。

> ユリアさん
『けいおん超短編集 その2』
お風呂で寝ること、ありますよね?ね?よかった同志がいてくれて。『湯船でうとうと』という話をすると、周りの人たちがとたんに可哀相な人を見る目になってしまうんですよねー(しくしく。まして溺れたとかいうと半ば病人扱いですよw
澪梓は、普段落ち着いてるっぽいのですが、それだけではお話がおもしろくないので慌てさせちゃう私です。それとプラネタリウムのお話は…多少実体験が混じってたりw 高校時代に天文部だったものですから、わりとああいう所に通うの好きだったんですよね。でも私も最近行ってないなー。

『独立第13女子寮・その1』
バブルの遺産を女子寮にするとこうなりました、って感じですかねー。今回はキャラ紹介でほとんど終わってしまいましたが、はたしてここが現代の要塞となるか、それとも第2のバベルの塔になるかは、彼女たちのこれからの活躍次第ですが。それと『いのりシステム』のネタは、別のSSでもこっそり使ってます。あと2回くらい連載が続くとわかるようになるはずです。それとなぜ『独立』女子寮なのかは、これもそのうち作中で明らかにしようと思ってます。お楽しみにー。
それにしても第13独立部隊って、ファーストガンダムにあったんですね。頭の片隅に記憶が残ってたのか…
というわけで、コメントありがとございましたーっ!

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

拍手コメ返信

今夜あたりまた超短編集を公開しようと思ってるのですが、とりあえず拍手返信から。

> p太郎さん
『けいおん超短編集』

こちらでははじめまして。返信が大変遅くなりまして申し訳ありません。
どうやらp太郎さんは硬質な文体がお好みなようで、お褒めいただきありがとうございます。超短編集は、元々ツイッターで流してたものをまとめたものなので、ネタや文体もそのつど違ってるのですが、やはり硬めの文体が自分には書きやすいようです。もっともあまり少女の一人称っぽくないのがアレなのですがw
まどマギのSSは、もう少し落ち着いたらまた書こうと思ってます。気長にお待ちいただければありがたいです。
コメントありがとうございました。


> 赤色さん
『Ai, and Ai』

お忙しいところわざわざお読みいただいただけでなく、感想コメントまでいただきまして、返って恐縮のいたりです。ひとつだけ後日談を披露させていただきますと、母の実家で昔のアルバムを発掘し、確かに彼女と思われる女性と母が並んで写っている写真を何枚か発見して、ようやく自分でも信じることができたというのが正直なところだったりします。
さらに言うと、私が彼女に命を救われたのはこの一度だけではないのですが、それらもいつか何らかの形で発表できればと思ってます。
コメントありがとうございましたっ!


> ユリアさん
『けいおん超短編集』

スミレは、たまたま近所で一輪だけ咲いていたのを見かけたもので、花というお題で使わせていただきました。梓はおそらく、しっかりしなきゃという思いは強いんですが、まだまだあちらこちらに綻びがあって、そういう未完成な部分がみんなにイジら……もとい、愛されているのかもしれませんね。
それと今回に限らないんですが、最近ツイッターで公開してる一連の超短編は、基本的に他の方からいただいたネタを元に書いたものなんです。特に練乳ネタは、私だったら絶対出てこないでしょうねーw
またボックスシートは、「けいおん!」一期13話で澪が日本海(?)に日帰りで出かけていたので選んでみました。
きっと唯は、好きとか気持ちいいとかカッコいいとか、そういう感覚がちょっと特別なんじゃないかなと思ってます。他の人なら気づかなかったり、恥ずかしくて言いよどんでしまうことでも、ちゃんと口に出せる。そういう爽快さが、周りにも伝染していってる気がします。特に澪や梓みたく、型にはまった思考に陥りやすい子たちにとっては。
反対に澪や梓は、常識・規則に縛られたり、必要以上に他人の目を意識してますよね。恥ずかしくて人前に出られないとか、梓も始終前髪いじってたり。なんとなく他の三人と比べて、理性と感情の狭間でもがいちゃう可能性が高そうな気がします。

福島について
「放射能ってよくわかんないけど怖い」と感じる人たち自体を、とりたてて糾弾しようとは思わないです。それが一般大衆というものですからねー。それに放射能怖いという気持ちは私の中にだってありますし、そういう感覚自体まで否定したくはない。
ですが、そういう人たちを札束で引っぱたくようなマネをする連中や、自分の利己的な動機で扇動する連中には、残念ながらそれほど寛容にはなれないです。たとえば官僚とか、自○党政権とか、電力○社とか、いわゆる『プ口市民』とか…。
今回の事故をきっかけに原発利権解体に着手できないのであれば、民○党政権もそれに加えようかと考えてるところですw

牛丼について
東京周辺だと若い娘が牛丼屋にいるとかなり目立つ気がしますが、G子の地元では普通に女子高生が部活帰りに食べてたりするんですよ。私も最初出張でそちらに出かけ、その光景に驚愕したものです。まったくところ変われば、ですね。
というわけで、そういう環境で育ったG子も牛丼好きなので、たまーにテイクアウトして食べてます。私もわりと肉食系ですし。ただし私は並盛、彼女は大盛ですねー。ひょっとすると彼女の胸は牛肉で育ったんじゃないか、と疑ってる今日この頃ですww

最後にあくまで私の推測ですが、おそらく同居人はG子に後のことを託そうとしてるんじゃないかと…。

それでは、コメントありがとうございましたっ!

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

『愛人─AI・REN─』を読みながら

百合と関係ない話題で恐縮ですが、震災で崩壊した本棚から田中ユタカ先生の「愛人─AI・REN─」を発掘したので、久しぶりに読みふけってしまいました。

愛人 -AI・REN- (ジェッツコミックス)愛人 -AI・REN- (ジェッツコミックス)
(1999/11)
田中 ユタカ

商品詳細を見る

それはちょっと先の未来で、人類は生殖能力を失い、ゆっくりと滅びの道を歩んでいた時代。他者と融合することでかろうじて生き続ける少年と、『愛人(アイレン)』と名づけられ、かりそめの想い人として再生された少女のお話です。

このお話で描かれる人々の想いと願い、そして残酷な運命。おそらく10代にこのお話に出会えた私は、とても幸運だったのだと信じます。

そして震災で多くの人命が失われ、余震と原発災害の影におびえて暮らす今だからこそ、改めて読み直すと、登場人物たちの言葉にひどく胸を打たれてしまう。

 覚えておきなさい
 この宇宙…世界があなたの存在など望むことはないわ

 あなたは誰かのおかげや誰かの許しを得て生きているワケではない

 本能にも自然の摂理にさえも牙をむく

 生きてるっていうことはね…
 この世界に逆らい続けることよ


(愛人─AI・REN─2巻より、ナギ・ハルカの台詞から引用)

ちょうどいろいろ絶望しかけてたところだったので、こうして全5冊を一気読みしてみて「うん、もう少し生きててもいいかな」と思い直したりして。もっとも私が私なりの世界の逆らい方を見つけるのには、もう少しかかりそうですが……。



続きから拍手コメへの返信です。

続きを読む

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

拍手コメ返信

今週は公開できる創作物がないので、せめて拍手コメ返信だけでも。

> 次長ユリアさん
『あなたを忘れないと決めたから』
実をいうと、私もあんまり花言葉は関心がなくて…w 今まで花言葉ネタは使った覚えがないですねー。ただ今回は実質2時間ほどしかかけられなかったのと、「あなたを忘れない」という言葉だけではちょっと薄っぺらいかなー、という思いがありまして。
本来ならエピソードのひとつもくっつけて説得力を持たせるべきなんでしょうが、残念ながらそこまで練る時間はかけられませんでした。忙しいというのと、早く吐き出して整理しておかないとマズイという。なんか奥歯に物がはさまったようなコトしか書けなくて、すいません。

私たち、結婚しましたっ!!
エイプリルフールということで『カレ・カノができました』はありがちなので、さらにインパクトを…w

それと5月いっぱいということで、まずはお疲れさまでした。次回からはユリアお姉さまと呼んでいいですか?w

あちらのIDなんですけれど、わがままで申し訳ないのですが、たまに非公開にしちゃうことがあるのでご了承ください。今、精神的にイロイロありまして、あんまりバカの相手をしてる余裕がないんです。さっきも「昨夜はお前をオ●ズにさせてもらったぜフヒヒ」というのが来て、速攻ブロックして非公開にしたところです。

ほとぼりが醒めたら公開に戻します、多分。
それでは、コメントありがとうございました。

> かかしさん
私たち、結婚しましたっ!!
お久しぶりです。
びっくりさせちゃってごめんなさいw
日本の法律では私と彼女は結婚できませんので、どうかご安心ください。
コメントありがとうございました。

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

拍手コメと凶報など

『魔法少女こみPo☆マギカ』の続き、ネタが浮かんだので近日公開予定ですよ?w

今回は先に拍手コメから。

> 次長ユリアさん
まず最初に、節電へのご協力いただけまして、ありがとうございました。
それとご友人のお二人がお亡くなりになられたとのこと。心からお悔やみ申し上げます。実際に被災した方々には比べるべくもないですが、首都圏も計●停電や物資不足で混乱が続いているようですし、当面は耐えるしかないのでしょう。
コメントありがとうございました。

> p太郎さん
はじめまして。当ブログの管理人、あっとあとみっくと申します。よろしくお願いいたします。
『パンドラの箱の底に』へのご感想ありがとうございました。気に入っていただいたようで何よりです。
あれを書いたのは9話まで見た段階だったのですが、10話のほむらの地獄のような苦闘を見て、改めて魂を奥底から揺さぶられる様な衝撃を覚えました。どうやら彼女たちとは長い付き合いになりそうな予感がします。
コメントありがとうございました。

続きを読む

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

現在の位置
百合みっくす
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ コメント・拍手返信
by AlphaWolfy
新公式twitter
カテゴリ
タグcloud
プロフィール

あっとあとみっく

Author:あっとあとみっく
おもに百合(GL・ガールズラブ)な小説と周辺情報を公開しています。最近はコミPo!でオリジナル百合4コマも。現在は「けいおん!」、「魔法少女まどか☆マギカ」とオリジナル。カプ傾向は澪梓、憂梓、恵和あたり。あと、ほむほむは百合。
このブログはリンクフリーですが、相互リンクはお受けしておりません。ご了承くださいませ。
注:管理人の名称は「あっとあとみっく」が正式ですが、ごくまれに「藍」と名乗ることもあります。

最新記事
月別アーカイブ
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

リンク
バナー
百合みっくす 明日は明日の風が吹く! ものとーんわーるど TRAFFIC JAM Girls Love Search 駄文同盟.com にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。